BIOGRAPHY


カトキチ (katokichi)


車椅子の弾き語り、ハスキーボイスと独特の演奏スタイルのギターで自らの日々を歌うシンガー、カトキチ。


悲しみの記憶を生と勇気に変え、感謝と祈りから生まれる表現の無限の可能性を追求している。

障害=悲しみではないということ、そしてひとりの人間として社会共存の大切さ、共有する楽しさを伝えている。


1969年10月2日生 / 出身地・広島県 / 本名・加藤淳(かとうあつし)

0歳のとき先天性の脳性小児マヒと診断され19歳から車椅子に乗る

1990年 21歳に上京、ウォルフガングシュタンゲのダンスワークショップに参加した時に静かに心がざわめき、身体表現を始める

1994年 コズミック・ダンスカンパニーのダンスワークショップに参加、表現の場を求め国内外にて活動を開始

1997年 『24時間テレビ ドラマ(堂本光一主演)』車椅子ダンス振付

1998年 『長野パラリンピック開会式』車椅子メインダンサーとして出演

1999年 山梨県立大学にて指導を開始、 自分の表現を見つけ一緒に空間を楽しむ事と真剣に遊べる時間を提供

2001年 『きらっといきる』(NHK教育ドキュメント)

2007年 『人権フォーラムin東京&沖縄 2007』出演 (NPO法人 HIV人権ネットワーク沖縄主催) 『バリアフリーダンス in 築地本願寺』

2011年 『ぼく生きたかった~ヒロシマ母の記~』(府中グリーンプラザ けやきホール)


その頃から、身体的な要因よりダンス活動は休止状態に。

同時に、音楽、特にアメリカ黒人が作り上げたBLUESに興味を持ち、むさぼるように聴き込むようになる。


2016年 ブルースを得意とするミュージシャン町田謙介に出会い、キターを習い始める

右手が自由に動かせなくなり弾く事を一時断念するが、ギターを横に寝せてスライドバーで滑らして弾く奏法をあみ出し、練習を重ねる

2018年 「どうせブルースをやるのならオリジナルを作って唄ってみたら?」と町田謙介に勧められ、人生で初めて歌を唄い始める

2019年 オリジナルを6曲作りレコーディングを開始する 約半年かけて完成

2020年 1月22日に、6曲入りCD「僕は透明の玉座には座らない」がP-VINE RECORDSより発売